《社会福祉士・前田くにひろ》文京区の行政情報を公開、地域福祉についてのコラム、活動中の法人の紹介

文京区議会議員前田くにひろ16年のあゆみ

トップ > 文京区議会議員前田くにひろ16年のあゆみ

文京区議会議員前田くにひろ16年のあゆみ

前田写真ピンク2(体切り抜き済・左向き)

区議会議員16年間の活動実績をまとめました。活動報告バックナンバーでは、紙媒体で発行されている「前田くにひろ新聞」などをご覧いただけます。

auto-b8Nb7u
auto-SiAXzN
auto-SiAXzN



4期目(2011年〜2014年)の主な成果


●かいごの安心

高齢者あんしん相談センターを4→8ヶ所に倍増

4ヶ所だったのが、分室を開設することで、
8ヶ所に倍増しました。

老後に備える「老い支度」講座の定期開催を実現

8年前より先駆的に老い支度講座を主催しました。
議会でも働きかけ実現しました。人気の講座です。

24時間定期巡回介護看護サービスを実現

介護が重くなっても自宅で暮らせるように、
24時間かけつけるサービスの重要性を訴えてきました。


●子育ての安心

所得に応じた認証保育所の利用料負担を軽減

東京都認証保育所の保育料助成について、
保育料の負担軽減を図るため、世帯所得に応じた
助成制度に変更されました。

スクールソーシャルワーカーが2名→4名に倍増

不登校やいじめ・貧困'など子どもが抱える困難を
社会福祉の視点で解決するよう訴えてきました。

支援員の増員でインクルーシブ教育を推進


●すまいの安心

高齢・障害者・ひとり親家庭の住宅確保支援が充実。

高齢者・障害者・ひとり親家庭の住まいの確保が
円滑に行くよう住宅のサポート支援
「文京すまいるプロジェクト」実現しました。

小石川に【保育園+世帯用住宅&シェアハウス】が今年完成予定!

ひとり暮らし高齢者や子育て世代が共に暮らせる
「Coリビング」の実現に10年前から取り組んできました。

●いのちの安心

空き家活用による地域の居場所「こまじいの家」の実現

また、8年前より空き家活用でNPOの共同事務所
(コミュニティスペースほのぼの)を向丘でも運営しています。

区有地を活用して障害者・高齢者施設の整備を推進

防災職員住宅を増やし、緊急時対応力を向上。


●どうろの安心

バリアフリー基本構想の策定が本格化

駅、国道・都道を含め区内のバリアフリー化を進める
計画を障害者と共に創るよう求めてきました。

区内の公園が全面禁煙

子どもたちが受動喫煙の被害を受けないよう、
さらに路上での喫煙も規制していきます。

コイン式駐輪場整備により放置自転車対策が充実。


●多様性の尊重

性的指向や性的自認による差別禁止条項の制定

(禁止事項等)
第七条
何人も、配偶者からの暴力等、セクシュアル・ハラスメント、
性別に起因する差別的な取扱い
(性的指向又は性的自認に起因する差別的な取扱いを含む。)
その他の性別に起因する人権侵害を行ってはならない。

●議会改革

日額旅費を減額(4千円→3千円)しました。

長期間欠席議員への報酬等を欠席期間に応じ減額。



前ちゃんに質問!あなたの趣味は?

  • 水泳、ヨガ、自転車、映画
  • 特技:自力整体のナビゲート (自力整体予防医学指導士)
  • 資格:<福祉系>重度訪問介 護従業者、社会福祉士
       <法律系>行政書士、 宅地建物取引業主任



前ちゃんに質問!あなたの議員としての強みは?


【福祉の専門家として】

  1. 福祉・保健関係を専門にやってきたため、
    ''福祉・保健関係の政策に通じており、

    行政の専門職の方とも議論ができます。''

  2. 介護保険制度ができた当初から 議員としてかかわり、
    制度の趣旨や経緯を熟知しているため、

    制度改正への対応について提案をしていけます。

 ・15年間の議員生活の内11年間厚生委員会の委員をしてい ます。
 ・少子高齢対策調査特別委員 会の委員長として
24、25年度2年間努め、議論をリード してきました。

【社会福祉士として】

2014年に、社会福祉分野で相談業務等の専門資格である
社会福祉士の国家資格を取得しました。
今まで以上に区民のみなさんのお困り事への
相談技能を活かしてまいります。

【住宅・まちづくりの専門家として】

  1. サラリーマン時代は、住宅・都 市整理公団(現UR)に勤め、
    まちづくりに取り組んできました。
    今後、地域包括ケアの重要な柱である高齢者向けの住宅政策づくりに
    経験を活かしていきます。
  2. 1993年度には、建設省(現国土交通 省)で行政研修を受けました。
    前半は自民党政権で夏からは 細川政権に変わった年度で、
    国の予算や法律を作る現場を体験しました。
    地方分権が進められていく中 で、議員提案による条例づくりが
    求められますが、条例案文作成に必要なノウハウを身につけています。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional